株式会社三井ハイテック

安全衛生管理

安全衛生方針

基本理念

従業員一人ひとり、そして未来の社会が「しあわせ」であるよう、“価値あるものづくり”を継続するために、職場の安全と従業員の健康確保は企業活動の基盤であり、経営の重要課題であることを認識し、安全で安心・健康で衛生的な職場環境の構築を促進し、業務災害、疾病を撲滅する。

基本方針

安全で健康に働ける職場環境づくりのために、業務災害、疾病未然防止活動の取組みとして、安全衛生目標と重点施策を定め、全従業員の協力により、日常的なリスクの低減と持続的改善ができる自主的な安全衛生文化の構築を目指す。

  • 1.危険性・有害性リスクを除去し業務災害(発生)「ゼロ」、職業性健康障害(発生)「ゼロ」、全従業員へのメンタルヘルス推進を目標とする安全衛生活動の促進を図る。
  • 2.役員、従業員、グループ会社及び取引先一人ひとりの自律的な健康保持増進を積極的に支援するための健康経営を推進する。
  • 3.三井安全衛生マネジメントシステム(ISO45001準拠)の構築、運用、改善に対してリーダーシップを図り、この活動を支援する。
  • 4.法遵守及び継続的改善活動を基本とした安全衛生活動を推進する。

安全衛生方針は当社で働くすべての役員、従業員、グループ会社及び取引先へも周知を図るとともに、社外へ公表する。

2022年 2月 1日
株式会社 三井ハイテック
代表取締役社長 三井康誠

安全管理統括部長方針

目的:業務災害「ゼロ」と健康経営の取組みで、安全で健康な職場づくりを目指す。
事業活動による環境負荷を低減するとともに、社会への環境貢献を推進する。

基本方針

  • 1.役員、従業員及び取引先が安心して働けるよう安全配慮を実践し、安全の確保に努め、日頃から心身の健康増進を図ります。
  • 2.社会的環境責任を遂行するために、事業活動のあらゆる面で環境の保全に配慮します。
  • 3.関係法令はもとより、当社で定めた安全衛生及び環境に関する規程類を遵守します。
  • 4.マネジメントシステム(環境及び安全衛生)及び健康経営を推進し、一人ひとりの意識を啓発して「安全で健康な職場環境」及び「環境への貢献」に取り組みます。

重点施策

  • 1.自主的安全活動への変革:活動レベルの定義に基づき目的の理解を深め、行動変容を促す
  • 2.重篤災害の防止:機械安全化への取組み、安全で安心できる設備
  • 3.自然災害/BCP対策の強化:結果事象への備えを整備し、補強を行い、訓練でレベルアップ
  • 4.化学物質管理の推進:化学物質の自律的な管理への取組み、健康障害防止の推進
  • 5.健康経営の推進:健康投資施策の取組み、組織・従業員の意識変容・行動変容への取組み
  • 6.環境負荷低減の推進:CN、省エネ、省資源活動の推進、環境貢献活動の取組み
  • 7.組織基盤の強化:業務効率化、人材育成、グループ会社も含めた横串機能の強化

2024年 2月 1日
株式会社 三井ハイテック
安全管理統括部長 早坂智行

健康経営の推進

  • 1.目的

    従業員一人ひとりがやりがいを感じ、いきいきと働くことができるように、安全で安心な職場環境の実現と心身の健康を保持増進することで、生産性を高め、会社の持続的な成長基盤を構築します。
  • 2.体制

    社長をトップとした健康経営推進体制のもとに、推進主体である「健康管理室」が人事部と課題を共有したうえで健康保険組合と連携し、各事業部、グループ会社とともに健康課題に取り組みます。

    健康経営推進体制

  • 3.健康経営で解決したい経営上の課題

    健康経営で解決したい経営上の課題は、従業員満足度を向上させ、個人の生産性を高めることです。このために、不健康や疾病によるアブセンティーズムやプレゼンティーズムを低減させるとともにワークエンゲージメントの向上を図ります。
  • 4.健康経営 戦略マップ

  • 5.健康関連のパフォーマンス指標 実績値及び測定方法(三井ハイテック単体、年1回6月実施)

    ・アブセンティーズム/2022年度:2.5日/年,2023年度:3.0日/年(測定方法:アンケート)
    ・プレゼンティーズム/2022年度:92.5%,2023年度:92.6%(測定方法:WLQ-J)
    ・ワークエンゲージメント/2022年度:2.2点,2023年度:2.3点(測定方法:新職業ストレス簡易調査票 短縮80項目版)

工事関係者ページ

ログインはこちらから

※IDはmhtです。パスワードは当社よりご連絡いたします。

株式会社三井ハイテック

〒807-8588 福岡県北九州市八幡西区小嶺二丁目10番1号