1. HOME
  2. 製品情報
  3. 工作機械
  4. 提供サービス
  5. 点検・メンテナンス・修理・機械移設

製品情報products

工作機械

技術サービスやトラブルに関するお問い合わせは専用窓口にお知らせください。
【営業時間:月―金 8:30-17:15】株式会社三井ハイテック 工作機事業部 製造部 技術サービスグループ

1.遠隔支援サービス NEW

金型の写真

スマートフォンやタブレットを用いたビデオチャット(無償)で異常発生時でも迅速な診断サポートを行います。

2.オーバーホール

精度検査表
1976年製 MSG-200の例(JIS B-6213に基づきます) 単位:mm
検査事項 測定方法 測実方法図 許容値 O/H前測定値 O/H後測定値
テーブル上面の真直度 左右方向 精密水準器をテーブル上面に置いて中央、両端に於ける最大差を測定値とする。 測実方法図 0.02/m 0.014/m 0.01/m
前後方向 0.02/m 0.025/m 0.01/m
テーブル運動の真直度 左右方向(垂直面内) 精密水準器をテーブル上面の中央に置いてテーブルを移動させ、テーブル中央、両端の読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.02/m 0.02/m 0.003/m
前後方向(垂直面内) 0.02/m 0.025/m 0.008/m
テーブル左右運動とその上面との平行度 定置したテストインジケーターをテーブル上面に当てテーブルを移動させ、テストインジケーターの読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.01/m 0.005/400 0.002/400
テーブル又は砥石頭の前後運動とテーブル上面との平行度 定置したテストインジケーターをテーブル上面に当てテーブル又は砥石頭を移動させ、テストインジケーターの読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.01/300 0.003/400 0.002/200
テーブル左右運動とテーブル又は砥石頭の前後運動と直角度 テーブルの上面にテーブル左右運動と平行に直角定規を置き、定置したテストインジケーターを他の一辺に当て、テーブルを前後に移動させテストインジケーターの読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.02/300 0.023/200 0.003/200
砥石軸最先端円錐面の振れ 砥石軸の円錐面に直角にテストインジケーターを当てて砥石軸回転中の読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.005 0.006 0.001
砥石軸中心線とテーブル上面との平行度 円筒スクエアをテーブル上面に立て、砥石軸に取り付けたテストインジケーターを当て振り回し、テストインジケーターの読みの差を求め大きい値を測定値とする。 測実方法図 0.02/振り回し直径300 0.065/300 0.001/300
テーブル左右運動と砥石軸中心線との直角度 直角定盤をテーブル左右運動と平行になる線にテーブル上面に置き、テストインジケーターの読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.02/振り回し直径300 0.014/300 0.002/300
砥石軸頭の上下運動とテーブル上面との前後方向に於ける直角度 円筒スクエアをテーブル上面に立て、砥石軸に取り付けたテストインジケーターをこれに当て砥石軸頭を移動させテストインジケーターの読みの最大差を測定値とする。 測実方法図 0.01/100 0.04/100 0.005/100
オーバーホール事業

お手持ちの古い平面研削盤を新品同様の機械に再生できます。

オーバーホールを実施しており、皆様より高い評価を頂いております。

オーバーホールのメリット
  • 老朽化した古い設備を低価格で新品同様に再生できます。
  • 鋳物(ベース,サドル,テーブル,コラム)の天然シーズニング(枯らし)ができており、素材として一番いい状態で精度更正が行えます。<経年変化なし → 精度安定>
  • 長年使用することにより、新しいものに比べ使い勝手が良く、愛着があります。

※オーバーホール作業の間は、貸し出し機をご用意致しておりますので、ご安心下さい。

定期交換推奨部品

精度維持、トラブル防止のため、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。異音がする、精度がでないなどございましたら、お気軽にご相談ください。

※定期交換年数は1日8時間の稼動を目安としています。

オーバーホール実施の一例 1976年製MSG-200M

摺動面精度更正<ベースサドル共摺り作業>
長期の使用により摩擦した摺動面をキサゲ作業により新品同様に復元します。

その他、摺動面の精度更正や、定期交換部品の交換を行い、新品同様の精度が出せるようになりました。
検査につきましては新品と同様の検査を行っております。

テーブル上面
オーバーホール前と後の写真
ハンドル部
オーバーホール前と後の写真
コラム後方
オーバーホール前と後の写真
ハンドル部
オーバーホール前と後の写真

3.アフターサービス(部品販売・現地修理)

パーツ修理

経年摩耗によるネジとギヤー、パッキン等の部品を供給します。
精度更生に必要な部品、左右スライドウェイ、ボールリテイナー、主軸スピンドルなど、現地交換いたします。

※MSG-200M以外の機種については、別途お問い合わせ下さい。

上下送りユニット
1.上下送りネジ部
2.上下送りオネジ・メネジ
3.上下ハンドル部(目盛板)
4.上下送りハンドル
左右送りユニット
  9.左右ドラム部
10.左右ピニオンシャフト
11.左右送りワイヤー
12.左右送りハンドル

17.フランジ抜きボルト

18.砥石フランジ

19.フックスパナ

20.フランジ締付けボルト

21.カニメスパナ

前後送りユニット
5.前後メネジスタンド
6.前後送りオネジ・メネジ
7.前後ハンドル部(目盛板)
8.前後送りハンドル

13.左右スライドウェイ

14.左右ボールリテーナー

22.主軸スピンドル

23.主軸カップリング

15.MAG-81

24.主軸モーター

16.集中給油装置

 

4.精密成型研削盤 MSGシリーズのご紹介


クリックで拡大

その他の提供サービス