製品情報products

精度への限りない挑戦と研鑽が、
不可能を可能へと変えてきた
三井ハイテックは、戦後の1949年、金型製造を専業とする小さな会社としてスタートしました。それまで、“職人の技”に頼っていた金型製造工程において、機械による量産化を実現。当時の金型作りの常識をくつがえしました。その後も、タングステンカーバイド精密金型の開発など、技術的に不可能だとされていたことを可能にすることで注目を集め、成長を続けてきたのです。「できないと最初から諦めず、工夫すれば必ず道は拓ける」「お客様の要望になんとか応えたい」その想いや精神は、現在の三井ハイテックにも脈々と受け継がれています。常識の壁を打ち破る挑戦と、精度を極限にまで高めるための研鑽。それが、超精密加工技術を支える根幹なのです。